センター長挨拶
センターのご紹介
交通のご案内
お問い合わせ先
検査方法・検査の流れ
連携先病院
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
個人情報保護方針

生活習慣病予防健診

全国健康保険協会管掌健康保険・生活習慣病予防健診自費・一般健診お申し込み・お問い合わせ


全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)・生活習慣病予防健診のご案内

当院では35歳以上の「全国健康保険協会管掌健康保険被保険者(以後、協会けんぽ)」の方に健診事業を行っています。「協会けんぽ」では、健康づくり事業を積極的に推進し、とりわけ中高年齢の方々を対象として生活習慣病予防健診については年々内容が充実されています。

事業所(職場)を通じて健診をお申し込みいただきますと、少ない費用負担で受診していただくことが出来ます。なお、この健診は各受診対象者の年齢に該当されない方は申し込みが出来ません。詳しくは「事業所」・「協会けんぽ」にお尋ね下さい。

生活習慣病予防健診とは、生活習慣病(がん、高血圧、糖尿病など)を早期発見し、治療・改善する為の健診です。健診の種類には、「一般健診」「付加健診」「乳がん・子宮がん検診」があります。各健診の対象者と費用は次の表の通りです。


健診の種類 受診者負担金(税込) 対象者と検査内容のご説明

一般健診

7,038円

  • 35歳以上の被保険者

付加健診

11,752円

  • 年度中に40歳、50歳になる方で一般健診を受診する方(希望者)

乳がん検診

*1

  • 問診・視診・触診・乳房エックス線検査

((一般健診を受診する「40歳から74歳」の偶数年齢の女性の方」)

子宮頚がん検診

*2

  • 診察・細胞診

(一般健診を受診する「36歳から74歳」の偶数年齢の女性の方」)

*36歳・38歳の方は子宮頚がん検診の単独受診も可能です。

肝炎ウイルス検査

612円

  • HCV抗体検査・HBs抗原検査

(一般健診と同時受診(過去にC型肝炎

ウイルス検査を受けた事がある方は受診出来ません)

◎検査実施項目(一般健診):*診察  *身体測定 *血圧測定  *尿検査  *便潜血反応検査  *血液検査  *心電図検査  *胸部レントゲン検査  *胃部レントゲン検査  *眼底検査(医師が必要と判断した場合)  *子宮がん検診等  

◎検査実施項目(一般健診+付加健診):*上記一般健診項目  *尿沈渣顕微鏡検査   *血液学的検査  *生化学的検査  *腹部超音波検査  *眼底検査  *肺機能検査  

*1 ・40歳代の偶数年齢の方---1,655円

 ・50歳代の偶数年齢の方---1,066円

*2 ・20歳~38歳の偶数年齢の方---875円

オプション検査項目


健診の種類 費用(税込) 対象者と検査内容のご説明

脳MRA(脳血管撮影)

MRI(脳断層撮影)

頸部MRA(頚部断層撮影)

28,790円

磁気共鳴イメージング装置を利用し、脳内や頸部の血管撮影や脳内の断層撮影を行います。動脈硬化や動脈瘤、脳腫瘍などの早期発見に役立ちます。

肺ヘリカルCT

13,370円

胸部X線写真より精度が高く、早期の肺がんやその他肺の病気を発見するのに役立ちます。撮影台に寝ているだけの簡単な検査で、検査時間は短時間(5~10分)で終了します。

※心機能セット(心臓超音波+BNP)

9,250円

心臓の筋肉の動きや弁の性状・壁の厚さを観察し、心臓疾患の有無についての検査です。

※頸部超音波

5,140円

頸部では、動脈硬化の状況や血液の流れる速さを観察し、脳梗塞や心筋梗塞などの予防に役立てる検査です。

腫瘍マーカー消化器系(A)

AFP,CEA、SCC

3,590円

*腫瘍マーカーは「がん」の疑いがある方、「がん」と診断された方の経過観察に使用されています。初期の小さな「がん」ではごく微量しか産生されなかったり、腫瘍マーカーを産生しない「がん」もありますので確実に早期がんを発見できるとは限りません。しかし高値を示したり、前年に比べて高値である場合はある程度臓器を絞って「がん」の存在を疑うことができ迅速に精密検査につなげることができます。喫煙者の方、若年で「がん」を発症された血縁者がおられる方はオプションでのご選択をご考慮いただいてはいかがでしょうか。

腫瘍マーカー呼吸器系(B)

CEA,ProGRP、CYFRA

4,620円

腫瘍マーカー女性:卵巣・乳腺(C)

CA125,CA15-3

2,570円

腫瘍マーカー前立腺PSA(50歳以上男性)(D)

2,570円

腫瘍マーカー50歳以上男性フルセット(E)

AFP、CEA、CA19-9、SCC、ProGRP、PSA、CYFRA

8,740円

腫瘍マーカー50歳未満男性フルセット(F)

AFP、CEA、CA19-9、SCC、ProGRP、CYFRA

7,710円

腫瘍マーカー女性フルセット(G)

AFP、CEA、CA19-9、SCC、ProGRP、CA125、CA15-3、CYFRA

10,280円

腹部超音波

4,110円

腹部にある臓器の大きさや形を観察し、腫瘍や結石、のう胞などの有無についての検査です。

眼底カメラ

1,230円

眼底の写真を撮影することによって、動脈硬化・高血圧・糖尿病の進行度や合併症、白内障・緑内障などを知ることに役立ちます。

骨塩定量

2,570円

骨の密度を調べることにより、骨粗鬆症の予防に役立ちます。検査時間は20~30分で寝ているだけの検査です。

血中ピロリ菌検査

3,080円

血液を採取してピロリ菌に対する抗体の有無を調べることにより、ピロリ菌に感染しているかどうかを調べます。

胃がんリスクABC検診

5,140円

血液のみの検査となります。潰瘍等で治療中・胃切除後・腎不全(クレアチニン値3mg/dl以上)・ピロリ菌除菌後の方は対象とはなりません。

血管年齢動脈硬化度

(CAVI<血管年齢>+ABI)

2,570円

血管(動脈)の硬さ(動脈硬化の程度)、詰まり具合を調べる検査です。

お申込み方法

各事業所(職場)を通じて配布されます「申込用紙」に必要事項を記入し、勤務先の健診ご担当者にお渡しください。(申込み用紙には必要事項がすでに印字されている場合もあります。尚、個人でのお申し込も可能です。協会けんぽにお尋ね下さい。)お申し込みは受診希望日の1ヶ月以上前までにお願いいたします。


自費での健康診断のご案内(全国健康保険協会管掌健康保険をお持ちでない方)

全国健康保険協会管掌健康保険をお持ちでない方の健康診断です。一般健診の検査実施項目は上記の全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防健診の「一般健診」と、日帰りドックは「付加健診」と同じです。


健診の種類

費用(消費税込み)

一般健診

(協会けんぽ一般健診と検査項目は同じ)

21,600円

日帰りドック(半日ドック)

(協会けんぽ付加健診と検査項目は同じ)

28,790円

採用時健康診断(年齢・職種による法定項目)

血液検査あり

11,300円

採用時健康診断  血液検査なし(年齢による法定項目)

7,880円

*乳がん検診――――― 5,860円

*子宮がん検診――――3,400円

検査実施項目(別紙 健診種別参照)

健診種別の検査実施項目は、下記でご確認ください。


お申し込み・お問い合わせ

星ヶ丘医療センター 健康管理センター

TEL:072-840-2641(代表) 内線830

FAX:072-840-3955(直接)

健康管理センターへのお問い合わせは上記、電話番号にお願いいたします。

PageTop