病院長挨拶
病院紹介
シンボルマークについて
外来のご案内
外来診療担当表
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
星ヶ丘医療センター 地域連絡協議会
地域医療支援病院
大阪府がん診療拠点病院
日本医療機能評価機構認定病院
当院のfacebook
敷地内全面禁煙について
個人情報保護方針

診療放射線部

 
 

診療放射線部のご紹介

診療放射線部は、当院の掲げる医療理念に基づき、安心して検査を受けていただけるように、次の5つの項目を目標としています。

● 丁寧な検査及び親切な対応
● 機器の保守管理の徹底
● 医療法の遵守に基づく検査環境の安全確保
● 最新技術への取り組みと被ばく線量の低減
● 病診連携の充実

私たちは、常勤放射線科医師1名、診療放射線技師24名、看護師8名、事務員7名がチーム一体となり邁進しています。現在女性技師は5名在席し、マンモグラフィ検査などへの対応がより充実しました。

放射線技師の専門性が問われる中、各分野で資格・認定を取得しています。

● 第1種放射線取扱主任者
● 第1種作業環境測定士
● 検診マンモグラフィ撮影認定技師
● 胃がん検診認定技師
● 放射線治療専門放射線技師
● 放射線治療品質管理士
● 核医学専門技師
● 放射線管理士
● 放射線機器管理士
● 医療情報技師

さまざまな検査について、地域医療機関と連携し、高度医療機器の共同利用を行っています。また緊急の患者さんや痛みの強い患者さんには、出来る限り早い検査を提供できるように取り組んでおります。

診療放射線部で行われている検査は多岐にわたり、それぞれの検査によって撮影室・検査方法・所要時間・注意事項等が異なりますので、部門ごとに紹介させていただきます。

診療放射線技師長 髙橋 博史


▲このページの先頭に戻る

一般撮影室

当院のX線検査は、デジタル画像装置を用いて各診療科に情報を提供しています。

マンモグラフィ(乳腺撮影)においては、高鮮鋭で細かいところまで良く観察できる装置を使用しています。またマンモグラフィ精度管理中央委員会からマンモグラフィ検診施設として認定されております。

小児撮影では専用の高画質装置を使用することで、少量のX線で最大の情報を得る事ができるように工夫しています。

その他に一般的な骨関係の撮影・消化管検査・泌尿器検査においても安全で適正な検査が行えるように放射線管理を行っています。

80407d057ef21adce3a94fd9f1a97f02
その他

● 骨密度測定室
● 断層撮影室
● 骨・一般撮影室
● 泌尿器透視撮影室
● 画像サーバ室

などがあります。
▲このページの先頭に戻る

CT検査室

当院CT室では現在2台の装置が稼動しています。検査時間は5分~15分で終了します。一度の息止めで胸から骨盤まで撮影でき、短い時間で検査を受けられます。心臓の検査はもちろんのこと骨や血管の3D画像も簡単に素早く処理することができ、診療に活用されています。

当院での検査概要

● 頭部検査・・・・頭部内部の病変などを描出
● 顔面骨検査・・・鼻、あご、ほほの骨3D画像を構築
● 胸部検査・・・・肺がんなどの病変検索
● 心臓検査・・・・冠動脈を造影し、詰まった血管を検索
● 腹部検査・・・・腹部臓器の病変検索
● 整形領域検査・・骨折箇所などの3D画像を構築
● 下肢動脈検査・・下肢の血管を造影剤により描出

その他病状に応じた撮影を診察医と相談して行っています。

当院CT室スタッフは、患者さんが気軽に短時間で検査を受けていただけるようにいつも心がけておりますので、安心してお越しください。

e1811f2223f3d8571a3f45ef29efc894
▲このページの先頭に戻る

MR検査室

当院では現在2台のMRI装置が稼動しており、検査のご予約も朝9時から夕方18:30まで承っております。検査時間はおよそ30分程度必要としますが、X線被ばくが無く、造影剤を用いなくても血管の描出が可能なため、ご高齢の患者さんや幼少患者さんも安心してご利用いただけます。ただし、ペースメーカーを装着されている方など検査を受けることが出来ない場合も一部ございますのでご注意ください。

当院での検査概要

● 頭部検査・・・・・脳血管障害・脳動脈瘤・脳梗塞・脳腫瘍病巣の検索・アルツハイマー型認知症の診断
● 脊椎検査・・・・・頸椎・胸椎・腰椎ヘルニアなどの病変検索
● 腹部検査・・・・・肝臓・胆嚢・すい臓系などの病変検索
● 骨盤腔検査・・・・腎臓・膀胱・前立腺、子宮・卵巣などの病変検索
● 四肢関節検査・・・スポーツ外傷を始めとする肩・肘・膝・股関節などの病変検索

患者さんのMRIに対する不安(騒音・狭い空間など)に対し、「丁寧に説明すること」と「患者さんの安全」を担当スタッフ一同心掛けております。

0ad14c593ab7975185fab51c79665eba
▲このページの先頭に戻る

血管撮影室

カテーテルという細い管を血管内に挿入し、造影剤を使って体内の血管を写す検査です。血管を写すことで多くの病気の原因や状態を観察できます

直接抗がん剤を腫瘍血管に入れたり、その血管を塞ぐことによりがんの治療をします。又狭窄した血管を広げる血管拡張術や血栓溶解術などの治療も行っています。

当院での検査概要

● 頭部血管撮影・・・脳動脈瘤・脳腫瘍の精査や脳梗塞の治療
● 胸部血管撮影・・・気管支動脈塞栓の治療
● 腹部血管撮影・・・腫瘍・出血の診断や治療
● 心臓血管撮影・・・心筋梗塞などの病変検索や治療

570e2a618b0f2803a13ac97a67240fc3
▲このページの先頭に戻る

RI(核医学検査室)

核医学検査は、まずガンマ線を放出する薬(放射性医薬品)を注射します。この放射性医薬品が、目的の臓器に集まったところで収集していきます。

そして、得られたデータより解析を行ない各臓器の働きや血流状態、病気の有無を調べます。投与される放射性医薬品は微量で、また寿命の短いものですので人体への影響は心配ありません。

核医学検査の種類

当院では、核医学検査は約20項目について検査を行っており、目的に応じた薬剤を使用します。以下に主な検査をご紹介いたします。

● 骨シンチ・・・・・・骨折、炎症、腫瘍の転移など骨の状態を評価。
● ガリウムシンチ・・・病巣の検索、伸展具合、炎症の程度などCTやMRI画像では得られない生理的機能情報を描出。
● 脳血流SPECT・・主に脳の梗塞部位、脳血流の状態の評価。また、認知症について診断解析ソフトを利用して評価することが可能。
● 心筋SPECT・・・狭心症、心筋梗塞の評価のために、心臓の血流状態の診断、心臓の筋肉(心筋)の生存能の評価に特に優位。
● 腎レノグラム・・・・約30分間連続収集を行ない、データ解析することにより、腎臓機能を評価。

f22d58fc4f87a68a78232bbcc1a0f79e
当院では、精度の高い画像を提供するため核医学専門技師認定を取得し検査にあたっております。ご不明な点などございましたら、お問い合わせください。
▲このページの先頭に戻る

放射線治療

悪性腫瘍による死亡率は年々増加の一途をたどり、高齢化社会も進んでいます。患者さんの生活の質を保ちつつ、いかに上手に悪性腫瘍を制圧していくかが「がん診療」の大きな課題といえます。

放射線治療は悪性腫瘍の治療において、手術療法や化学療法と並んで最も大切な治療法の一つです。手術をすれば、病気の部分と一緒に体の一部を取り除いてしまうばかりか、傷跡が残る場合もあります。しかし、エネルギーの高い放射線を有効利用することで、体の表面や中心部にある悪性腫瘍などの治療が行えます。また精度の高い治療計画を行うことで、対象臓器の機能や形態を温存することが可能です。

当院では、治療精度向上のため放射線治療専門放射線技師認定を取得し主に以下のような病気に対して放射線治療を行っています。

● 前立腺がん
● 乳がん
● 脳腫瘍
● 骨転移
● 肺がん など

70038ca413fb1c6464d41e41de987cba
▲このページの先頭に戻る

健康管理センター

生活習慣病は、自覚症状がない場合がほとんどです。これが進行すると治療してもなかなか完治が困難です。総合的な健康診断や人間ドックなどが必要で定期的な受診をお勧めします。診療放射線部では主に、胸部X線撮影・胃透視・乳腺撮影を行っています。

詳しくは、健康管理センターのページをご参照ください。

05489897db91b2489f5666620b4cec30
▲このページの先頭に戻る
PageTop