血管外科

 星ヶ丘医療センター血管外科は循環器内科と共同で、保存的治療・薬物療法・血管内治療・手術治療・フットケアと血管疾患に対する全ての治療法を考慮したうえで、最適な治療法を提供します。具体的な疾患は腹部大動脈瘤、内臓動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、バージャー病、下肢静脈瘤などです。昨今医療の質が厳しく問われていますが、積極的治療に関しては大阪大学心臓血管外科教室と連携のもと、体に優しい低侵襲手術や質の高い(術後の生活の質を高める)手術を目指しています。
近隣の先生方に於かれましては、歩行時の下肢痛など下肢閉塞性動脈硬化症が疑われる場合や、静脈瘤、鬱滞性下腿潰瘍など末梢動脈、静脈疾患かと思われる患者さんがおられましたら、是非ご紹介下さい。積極的加療が必要な場合は当科で行い、周術期を過ぎ保存的療法となれば、日常管理や全身管理には先生方のお力を借り、共に管理して行きたいと考えています。

主な対象疾患

・下肢閉塞性動脈硬化症
・下肢静脈瘤・鬱滞性潰瘍
・腹部大動脈瘤・内臓動脈瘤

■外来診療表

>>>外来診療担当表はこちら

■当科の診療担当医

部長
保田 知生
Chikao Yasuda
●専門・認定等
  • 医学博士
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本脈管学会専門医
  • 日本血栓止血学会認定医
医員(非常勤)
澁谷 卓
Takashi Shibuya
●専門・認定等
医員(非常勤)
渡辺 健一
Kenichi Watanabe
●専門・認定等
PageTop