病院長挨拶
病院紹介
シンボルマークについて
外来のご案内
外来診療担当表
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
星ヶ丘医療センター 地域連絡協議会
地域医療支援病院
大阪府がん診療拠点病院
日本医療機能評価機構認定病院
当院のfacebook
敷地内全面禁煙について
個人情報保護方針

脳神経外科

当科の特色当科の診療実績当科の診療担当医




■当科の特色

  • 診療対象疾患は、成人・小児脳神経外科疾患全般であり、脳腫瘍、脳血管障害(脳動脈瘤、動静脈奇形、もやもや病、脳出血)、機能的疾患(三叉神経痛、顔面痙攣)、頭部外傷が主たる疾患です。
  • 救急対応は24時間受け付けています。
  • 午前9時から午後5時15分までは外来担当医師が、午後5時15分から翌朝午前9時までは救急外来にて脳神経外科・脳卒中内科医師が対応します。
  • 疾患の画像診断(CT,MRI,脳血管撮影)は神経放射線科医師の協力で詳細な情報を得、また脳血管障害の循環状態の評価は卒中内科医から情報を得るなど、他科との連携をもって治療を行っています。
  • 脳腫瘍に関しては、良性腫瘍は全摘出を行いますが、悪性腫瘍に関しては、患者さんの生活の質を最重点にして手術、放射線治療、化学療法を選択し治療法を決定しています。
  • 脳動脈瘤に関しては基本的には手術を第一選択としますが、動脈瘤の場所、年齢等を考慮し、血管内治療(コイリング)も行っています。
  • 脳出血に関しては、救命が必要な患者さんの場合は血腫除去を行いますが、基本的には当院の優秀なリハビリテーションを駆使しての早期リハビリテーションを行っています。また、ケースワーカーと常にコミュニケーションをはかり、在宅、社会復帰をめざします。
  • 脳腫瘍、脳動静脈奇形の治療に利用されている最近の定位的放射線治療(ガンマナイフ治療)は当科と関連のある大阪市立総合医療センターに依頼しています。
  • 基本的に救急医療、早期診断・治療、リハビリテーションという一貫した医療体制で、患者さんの生活の質の向上に役立つことが脳神経外科医としての使命と認識し、診療にあたっています。
  • 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。脳卒中センターの詳細はこちらのページをご参照ください。

■当科の診療実績

H23年診療実績
疾患名 件数
クモ膜出血 32
脳内出血 176
脳梗塞 374
その他の血管障害 6
脳腫瘍 27
頭部外傷 161

■当科の診療担当医

院長補佐
早崎 浩司
Kouji Hayasaki
●専門・認定等
  • 医学博士
  • 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
  • 日本脳神経外科学会指導医
  • 日本脳神経血管内治療学会認定専門医
  • 日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
医員
田根 葵
Mamoru Tane
 
PageTop