病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診情報
入院のご案内
お見舞いの方へ
院内案内図
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
https://www.jcho.go.jp/hospitalist/
星ヶ丘医療センター 地域連絡協議会
地域医療支援病院
大阪府がん診療拠点病院
がん相談支援センター
医療相談室
日本医療機能評価機構認定病院
寄附のお願い
星ヶ丘医療センター公式sns
敷地内全面禁煙について
個人情報保護方針
院内感染防止対策のための指針
医療安全管理指針

PT内部障害班 心リハ呼吸リハ

リハビリテーション部ホーム教育方針沿革学術業績・実績施設基準・設備

理学療法

理学療法理学療法理学療法

作業療法

作業療法士作業療法士作業療法士

言語聴覚療法

言語聴覚士

もっと詳しくリハビリテーション

急性期リハ回復期リハ本問リハ

 

PT内部障害班の紹介

 

内部障害班のPTは、心リハと呼吸リハについて紹介します。

 

心リハ紹介

 

 心臓リハビリテーション(以下、心リハ)は急性期と回復期に分かれます。

急性期では医師の指示のもと、病棟にて歩行負荷テスト(立位負荷、30m負荷、100m負荷、200m負荷、(500m負荷))を心電図(12誘導やモニター)や血圧や心拍数など管理しながら看護師の協力のもと行います。段階的に歩行負荷をかけていきその際の生体反応から安静度の変更や運動負荷時の不整脈の有無、胸部症状などをみます。

急性期で病状が安定し、退院のメドが立つと自転車エルゴメータを用いた呼気ガス分析装置を用いた運動負荷試験(以下、CPX)を行います。そこで得られた運動負荷強度を元に外来での回復期心リハを実施します。

外来での回復期心リハ→火曜日、金曜日の2時から心リハ室にて実施。
医師、看護師、検査技師、PTで構成されたメンバーで心電図(12誘導やモニター)や血圧や心拍数など管理しながらCPXで得られた負荷で自転車エルゴメータをこぎます。
医師の簡単な診察、看護師の生活指導や栄養指導、PTからの運動指導も受けます。
pt01
▲このページの先頭に戻る

呼吸リハ紹介

当院では主に呼吸器内科・呼吸器外科・外科・その他の診療科でも人工呼吸器管理の患者さんを対象に呼吸器リハビリを行っています。
対象疾患は間質性肺炎や肺気腫、慢性呼吸不全の急性増悪や肺がん、肺炎、気胸、開胸・開腹術後などがあります。

疾患ごとのによりリハビリの内容は多少異なってきますが、主治医からの指示のもと、評価を行いそれに基づき、排痰療法、呼吸介助、呼吸パターン学習、全身のコンディショニングとして胸郭や上下肢の関節可動域の向上や筋の緊張の調整を行います。全身状態が安定してくると日常動作に結びつくような動作練習や歩行練習、全身持久力向上を目指して自転車エルゴメータでの運動などを行っています。また、在宅酸素の導入が必要な患者さんには在宅での酸素の自己管理などの指導も行います。自宅への退院を目標にされている場合には、スムーズに自宅への退院が調整できるように、他職種とともに連携して退院調整を行います。

また、週1回呼吸器内科の医師とPT・OTで症例検討会を行っており、スタッフ間で症例を共有しながら各セラピストの知識の研鑚に努めています。当院では、呼吸の教育入院も行っています。

pt_kokyu

呼吸教育入院

当院では、主に呼吸器内科の医師の指示のもと3週間プログラムでの呼吸の教育入院を行っています。外来で6分間歩行テスト(以下、6MD)やCPXを取り、そのデータをもとに患者さんの障害像を把握した上で負荷強度を設定し自転車エルゴメータなどで運動を行います。呼吸の教育入院は本来6週間プログラムが一般的ですが当院ではその半分の3週間で行うため、短期間で確実な結果を出すことが求められる上に退院後の生活で患者さんが3週間で得た内容を反映しやすいように配慮しています。

ICUにおける理学療法

集中治療室(以下、ICU)には、治療中の原疾患の悪化、何らかの合併症を併発した場合、長時間にわたる難しい手術を行なった直後など、一般病棟では行ないにくい集中的な全身管理を必要とされる患者さんが入室されます。

呼吸状態が不安定な患者さんが多く、酸素療法だけでなく人工呼吸療法が導入されていることも稀ではありません。理学療法士は呼吸の関与する筋肉の緊張を整えたり、胸郭を中心に関節可動域を維持する事で換気効率を高めたり、換気に合わせて徒手的に吸気や呼気を介助することで気道内、肺内の分泌物(痰)を挙上させ、吸引療法を行ないやすくします。また、人工呼吸器からの離脱に際しては、患者さんの呼吸能力を評価し、呼吸筋トレーニングが適切に行なわれるよう情報の提供をします。そして、自発呼吸への移行が円滑に行なえるようにコンディショニングを行ないます。

さらに、ICU入室中でも必要があれば、フィジカルアセスメントとモニタリングにより循環動態を評価しながら、徐々にベッドを起こし座位の練習を行なっていきます。場合によっては起立・立位練習まで実施し、臥床による廃用障害を防止します。

このようにICUでの理学療法士の役割は、患者さんのADL・QOLの向上と同時に、医学的治療に必要な全身管理に関与し、医師・看護師らとともにチーム医療の一翼を担うことである言えます。
PageTop