急性期グループ

リハビリテーション部ホーム教育方針沿革学術業績・実績

理学療法

理学療法理学療法img_pt03-1_off

作業療法

作業療法士作業療法士作業療法士

言語聴覚療法

言語聴覚士

もっと詳しくリハビリテーション

急性期リハ回復期リハ本問リハ
img_gr05_offimg_gr04_off

 

急性期グループ

 

当院の急性期リハビリテーションは、PT・OT・STともに発症直後から病棟ベッドサイドで開始します。
(疾患により多少の違いはあります)
主な、対象疾患は脳卒中、頭部外傷、呼吸器・心疾患、整形疾患(脊髄疾患含む)、外科Ope.後などです。
点滴やモニター類、症状、合併症、禁忌事項、安静度などや、患者さんの精神面にも配慮しながら介入を行ないます。

急性期グループでは多岐にわたる疾患に対応するため、各疾患及び病棟担当をおいています。

ICU・SCUという超急性期病棟も担当します。これにより各分野の専門性を高め、
回診・カンファレンスに参加し、病棟との連携をはかっています。

急性期グループは安全な離床をすすめるため、日々評価を行ない治療につなげています。

早期リハビリテーションを行なうことで、急性期からADLへの介入を行ない、
よりスムーズな患者さんの回復を目標に、リハビリテーションを行なっています。
PageTop