コロナ
ご寄贈いただきました
健診再開
病院長挨拶
病院紹介
院内案内図
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー情報
臨床研究・治験管理室
お知らせ広報
相談窓口
個人情報保護方針
医療安全管理指針
院内感染防止対策のための指針
敷地内全面禁煙について

回復期グループ

リハビリテーション部ホーム教育方針沿革学術業績・実績

理学療法

理学療法理学療法img_pt03-1_off

作業療法

作業療法士作業療法士作業療法士

言語聴覚療法

言語聴覚士

もっと詳しくリハビリテーション

急性期リハ回復期リハ本問リハ
img_gr05_offimg_gr04_off

 

回復期グループ

 

当院の回復期グループの主な対象疾患は、脳卒中、頭部外傷、脊髄損傷、整形外科疾患などです。

回復期リハビリテーションでは、在宅復帰を目指し、一年365日を通して休みなくサービスを提供しています。
リハビリテーションは、急性期グループからの情報を基に、個人の症状、合併症、禁忌事項、安静度などや精神面にも配慮しながら進めていきます。

担当セラピストは、各分野の専門性を高めていくために病棟担当制で行っています。
回診・ケースカンファレンスに参加し、病棟との連携をはかっています。

回復期グループは、在宅復帰を目指し「できるADL」を「しているADL」にするために、看護師 と連携して病棟でのリハビリテーションを積極的に進めています。
必要に応じて、住宅改修の指導や公共交通機関利用の確認を含めた院外でのリハビリテーションも行っていきます。

広々とした理学療法室

当院の理学療法室は体育館のつくりとなっており、天井も高く開放的な空間となっています。回復期グループは主にこの理学療法室で理学療法を行っています。また、屋外歩行練習は敷地内で行っています。

班体制

回復期はセラピスト3人1組の班体制で行っています。

 

使用している治療機器の紹介

当院では体重部分免荷装置付きのトレッドミルや体重免荷機能付き歩行器があります。また下肢の装具として短下肢装具や長下肢装具を備えています。さらに電気療法に使用する電気刺激装置も複数あります。これらの機器は主に脳卒中や脊髄損傷後の理学療法に使用しています。なお、回復期の脳卒中の理学療法は脳卒中治療ガイドラインなどの診療ガイドラインに沿った治療を基本としております。

img_reha-kiki
PageTop