コロナ
ご寄贈いただきました
健診再開
病院長挨拶
病院紹介
院内案内図
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー情報
臨床研究・治験管理室
お知らせ広報
相談窓口
個人情報保護方針
医療安全管理指針
院内感染防止対策のための指針
敷地内全面禁煙について

呼吸器内科

当科の特色呼吸リハビリテーションのご案内当科の診療実績常勤医・後期研修医 募集当科の診療担当医




■当科の特色

  • 当院は日本呼吸器学会認定施設・日本呼吸器内視鏡学会認定施設であり、肺癌、肺炎、睡眠時無呼吸症候群、気管支喘息、肺気腫、間質性肺炎、気胸など呼吸器疾患全般にわたり診療を行っています。
  • 肺癌診療において、安定期ではQOL向上のためにも外来化学療法を、終末期では緩和ケアチームと合同でターミナルケアを行っています。また呼吸器外科と定期的な症例検討会を持ち、手術適応症例にも迅速に対応しています。
  • 睡眠時無呼吸症候群 (SAS) の診療にも取り組み、終夜睡眠ポリグラフィー (PSG) による精査と、鼻マスクによる持続陽圧呼吸療法 (CPAP) の導入を、原則として1泊2日の予定入院で行っております。
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)情報サイト
  • 肺気腫、肺結核後遺症、間質性肺炎などによる低肺機能症例に、理学療法士と協力し呼吸リハビリテーションを行っています。
  • 在宅酸素療法 (HOT)、非侵襲的陽圧補助換気(NIPPV) にも積極的に取り組んでいます。
  • 外来診療は月曜から金曜まで毎日行っており、水曜日午後は禁煙外来を、木曜日午後は睡眠時無呼吸外来を完全予約制で行っています。

■呼吸リハビリテーションのご案内

  • 当院では専門的な呼吸リハビリテーションを実施しており、短期教育入院(最長3週間程度ですが状況に応じて調整します。)、外来リハビリなどを行っております。
  • 呼吸リハビリテーションとは、病気や外傷によって呼吸器に障害が生じた患者さんに対して、可能な限り機能を回復し、あるいは維持することによって、呼吸困難などの症状を改善し、患者さん自身が自立した日常や社会生活を送れるように継続的に支援する医療です。

呼吸リハビリの実際
呼吸器内科 呼吸リハビリの実際

ご興味のある患者さんは担当医師にお問い合わせください。また他院かかりつけで呼吸リハビリのみの対応も受け付けております。(診療状況の把握のため、紹介状をお受け取りになって受診をしていただく様お願いします。)

●対象疾患:COPD、間質性肺炎・肺線維症、じん肺、肺炎後の後遺症、肺結核治療後の後遺症、肺がん術後の後遺症など

■当科の診療実績

上位疾患
疾患名 2018年
気管支及び肺の悪性新生物 251
睡眠時無呼吸 48
その他の間質性肺炎 47
肺炎,病原体不詳 46
気胸 35
その他の慢性閉塞性肺疾患 34
非結核性抗酸菌による感染症 28
細菌性肺炎,他に分類されないもの 24
固形物及び液状物による肺臓炎 22
喘息発作重積状態 17
肺及び縦隔の膿瘍 11
心不全 10
呼吸不全,他に分類されないもの 7
起動からの出血 7
肺気腫 6
 

■常勤医・後期研修医募集

 

当科が大切に考えていること

全人的医療をめざして呼吸器領域全般にわたり診療レベルの向上をめざしています。
一人一人の患者さん、そして状況に応じて柔軟に対応が出来ることが、医師として最も大切であると考えています。 さらに医師は看護師・技師などメディカルスタッフとも協力して「全人的医療」が実現できるよう、協調性をもっていることも大切です。
そんな医療を展開できる後期研修医 および 医員の先生方を募集しています。
 

診療範囲・指導について

  • 呼吸器疾患は一部の疾患(肺循環に対するカテーテル評価・治療)を除いて殆ど全ての領域を診療しております。
  • 全人的医療を大切にする方を募集します。
  • 呼吸器診療については 日常勤務・勉強会・研究会などを通じて一緒に学習していきましょう。
ご連絡は総務企画課まで。 TEL:072-840-2641 (代表)  E-mail:soumu@hoshigaoka.jcho.go.jp
 

学習・ミニレクチャーについて

全人的医療を目指して
診療力・状況把握力・対応力のアップのため呼吸器内科 呼吸器センター(呼吸器内科/外科)として
カンファレンス、ミニレクチャーを開催しております。
 
  • 診療力 = 診断力 および 治療力
  • 診療力をなす 状況把握力・救急対応力・慢性管理対応力
 
  1. 急性期病態において 迅速なトリアージ 適時適切な『波のような』対応
  2. 慢性期病態において 「希望」、「家族を含む周囲の環境」などを含めた全体像の把握
  3. 慢性期病態では 普段のしっかりした全身管理により、患者さんが「救急」に駆け込むことを未然に予防することが抑制できる予防力
 

学習・ミニレクチャー内容

 
■月曜日 午後3時半~5時半
呼吸器内科・病理医症例検討会

■水曜日 午後4時~5時半
呼吸器内科症例検討会

■水曜日 午後0時30分~午後1時30分
呼吸器内科・呼吸リハビリ症例検討会 (呼吸器内科、呼吸リハビリ、病棟看護師、検査技師)

内容
  • 毎週の呼吸リハビリカンファレンス、呼吸リハビリ入院について、臨床・画像からのDrからの解説 およびPT/OTの評価および介入について検討
  • 呼吸ケア学会や研究会の予行など
  • 6分間歩行テストやCPET(心肺運動負荷試験)などレクチャー
cpet
 
■月曜日 午前、水曜日 午後
部長回診
 

研究会への取り組み

天の川呼吸器疾患研究会(年1回)
北摂呼吸器疾患研究会(年2回)
河北循環器呼吸器ケア研究会(年1回)
枚方呼吸器・循環器ジョイントセミナー(年1回)
星ヶ丘呼吸器ケア研究会(年1回)
REM(Respiratory education meeting)(年4回)
神崎川呼吸器研究会(年2回)
市民公開講座(年1回)

■外来診療担当表

>>>呼吸器内科の担当表はこちら

■当科の診療担当医

部長
中村 孝人
Takahito Nakamura
●専門・認定等
  • 日本臨床腫瘍学会指導医
  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
  • 日本呼吸器学会指導医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
  • 日本感染症学会認定指導医
  • 日本感染症学会認定専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医/指導医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医師(呼吸器機能障害)
  • 緩和ケア研修会修了
医長
前倉 俊也
Toshiya Maekura
●専門・認定等
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医
  • 肺がんCT検診認定医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医師(呼吸器機能障害)
  • 緩和ケア研修会修了
 
医長
辻本 和徳
Kazunori Tsujimoto
●専門・認定等
  • 日本内科学会認定内科医/指導医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
  • 日本感染症学会認定専門医
  • インフェクションコントロールドクター
  • 緩和ケア研修会修了
医員
中山 絵美
Emi Nakayama
●専門・認定等
  • 緩和ケア研修会修了
医員
山口 尚希
Naoki Yamaguchi
●専門・認定等
  • 緩和ケア研修会修了
医員
酒井 勇紀
Yuki Sakai
●専門・認定等
  • 日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
  • 緩和ケア研修会修了
医員(非常勤)
小川 修平
Shuhei Ogawa
●専門・認定等
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会指導医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医師(呼吸器機能障害)
医員(非常勤)
一本松 英恵
Hanae Ipponmatsu
●専門・認定等
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本呼吸器学会指導医
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本禁煙学会禁煙認定専門指導者
  • 緩和ケア研修会修了
医員(非常勤)
竹田 倫世
Tomoyo Taketa
●専門・認定等
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会呼吸ケア指導士
  • 身体障害者福祉法第15条指定医師(呼吸器機能障害)
  • 緩和ケア研修会修了
医員(非常勤)
濵田 恵理子
Eriko Hamada
●専門・認定等
  • 緩和ケア研修会修了
PageTop