OT中枢神経班

リハビリテーション部ホーム教育方針沿革学術業績・実績

理学療法

理学療法理学療法img_pt03-1_off

作業療法

作業療法士作業療法士作業療法士

言語聴覚療法

言語聴覚士

もっと詳しくリハビリテーション

急性期リハ回復期リハ本問リハ
img_gr05_offimg_gr04_off

 

OT中枢神経班の紹介

 

急性期・回復期といった各期に応じた作業療法

当院の中枢疾患担当の作業療法士は、急性期・回復期それぞれにチームを組んで配属されています。
各スタッフ間での患者さんの情報伝達を行い、治療や予後についての話し合いや検討をしています。
継続して、より内容の濃い専門性を活かしたリハビリテーションを行っています。

<<急性期>>
急性期では、早期の食事・整容・排泄動作への介入を行い、重症度に関わらずポジショニングの重要性を病棟スタッフ全員で意識して関わっています。

<<回復期>>
回復期では病棟ADLはもちろんのこと、必要のある患者さんへは在宅訪問を複数回行い、住宅改修指導や実際の在宅での動作指導を密に行っています。

患者さんの状況に合わせ,電気刺激治療やCI療法といった治療方法も行っています。
患者さんが生活する地域へと“繋げる”ことを最大限に意識し、発症から在宅まで一貫したリハビリテーションを実践しています。

PageTop