病院長挨拶
病院紹介
院内案内図
交通のご案内
お問い合わせ先
DPCデータによる病院指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー情報
臨床研究・治験管理室
お知らせ広報
相談窓口
個人情報保護方針
医療安全管理指針
院内感染防止対策のための指針
敷地内全面禁煙について
患者さんの権利と責務
友だち追加

リハビリテーション部

リハビリテーション部ホーム教育方針沿革学術業績・実績

理学療法

PT中枢神経班PT内部障害班心リハ呼吸器リハPT整形班

作業療法

OT中枢神経班OT内部障害班OT整形班

言語聴覚療法

STの紹介

もっと詳しくリハビリテーション

急性期グループ回復期グループ
地域包括ケア病棟脊髄損傷リハビリについて

技師長より

リハビリテーション士長の稲村一浩です。

2014年4月より 社団法人全国社会保険連合会星ヶ丘厚生年金病院から、独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)星ヶ丘医療センターとなりました。JCHOのミッションには地域包括ケアスステムの推進とリハビリテーション医療の推進が明記する組織となりました。

令和4年1月のリハビリ部の常勤定数 リハビリテーション医2名、理学療法士PT54名、作業療法士OT24名、言語聴覚士ST8名、非常勤として大学、養成校のOBが3名学術指導員として勤務しています。

現在 公益法人日本理学療法士協会認定の 神経系専門理学療法士1名、脳卒中認定理学療法士13名、運動器認定理学療法士5名、呼吸器認定理学療法士3名、脊髄損傷認定理学療法士4名、介護予防認定理学療法士2名、OTの認定OTは2名。臨床実習指導者研修会受講者はPT13名、OT3名。STで公認心理師3名。博士1名、修士7名で卒後教育は当部の基本方針として推進しています。

PT・OTの共通の卒後教育として「関節運動療法」の習得と、症例報告を中心とした各種学会発表を新人教育の柱として進めています。

地域医療の推進がミッションのため、枚方理学療法士会と協力し毎月勉強会を開催、全国レベルセラピストを対象とした研修会をPTは関節運動療法、呼吸理学療法、脊髄損傷の評価と治療、ポジショニング研修、OTは時期別作業療法研修会を開催しています。

●リハビリテーション部の理念
「患者さん、地域住民の社会参加を推進する」

●目標は
1.常に患者さんの在宅復帰を目指し支援します
2.在宅復帰で満足せず、社会参加を支援します
3.地域の住民の健康増進・介護予防を支援します

他の病院が自宅復帰を難しいと考えられる患者さんに対して、支援するスタッフが在宅復帰をあきらめない「歩けないから帰れない」でなく「歩けなくても帰れる」患者さんへの意識改革。同時に本当に歩けないかセラピストのあきらめない医学的問題の再考能力向上。「歩けなくて帰ってきてもいいよ」と言える家族への意識改革。セラピストから家族への障害受容、他人を自宅に招き入れる覚悟を社会的問題の再考能力の向上。患者さんの早期の医学的リハビリテーション、家族への早期の社会的リハビリテーションをチームで藤一して行います。

2020年1月 稲村一浩


星ヶ丘医療センターリハビリテーション部公式SNS

Instagram

twitter_reha_offblogger_reha_off

(SNS運営ポリシーは、こちら
PageTop