キャリア開発

キャリア開発

看護部の紹介ワークライフバランスキャリア開発各部署の紹介チーム医療
スペシャリストの活躍btn_kango_acty_off募集要項ナーシングインディケータ

教育理念・目的・目標キャリアラダー新人看護師教育制度プリセプター&プリセプティトーク
先輩メッセージ


教育理念・目的・目標
看護の理念

「心と心がふれあう看護」をめざします。

1.患者さんが安心して療養できる看護を行います

2.患者さんの生命・人格・人権を尊重した看護を行います

3.地域住民の健康を支える看護を行います
JCHO星ヶ丘医療センターの看護部の基本姿勢
1.高い実践能力・判断力・倫理観で安全で満足度の高いあたたかい看護を提供するために最善を尽くす

2.生活者としての患者さんの意思決定を支援する

3.社会の変化に柔軟に対応しチーム医療、多職種・多機関連携により地域包括ケアを推進する

4.看護職として成長し続けられる教育・キャリア支援を行う

5.お互いを尊重し支援しあい働き続けられる職場づくりに取り組む

6.将来を見据え健全経営に全員が参画する
教育理念
看護職としての自律と成長をめざして学び続ける。
教育目的
地域住民の多様なニーズに応える安全・安心な看護を提供できる人材を育成する。
教育目標
1. 社会人、専門職として豊かな感性と知性を身につけ、質の高い看護を提供できる看護職を育成する。

2. 倫理観を備え、多様なニーズが受け入れられる看護職を育成する。

3. チーム医療・地域において、ケアマネジメントおよび多職種の中心的役割を担える看護職を育成する。

4. 地域住民の健康の保持増進をはかる看護職を育成する。

5. 看護職が、生涯学習を自律的に継続できるよう支援する。

キャリアラダー

キャリアラダーに基づく継続教育>>>キャリアラダー看護師 はこちら

>>>ラダー別教育計画 はこちら


新人看護師教育制度
新人看護師研修制度にそって、部署内研修、集合研修、ローテーション研修をうけながら、1年間かけて基礎的な実践力を習得していきます。
集合研修は4月の前半と3週目以降は週に1回、5月以降は毎月2~3回程度の頻度で、適切な時期を考慮しながら、新人が部署で経験する上で必要とされる知識の習得と技術のトレーニングを行います。集合研修後には部署でサポートを受けながら技術の習得や定着化を図っていきます。また手術室やICU・SCU、回復期や緩和ケア病棟、外来など、合計で8週間をかけてローテーション研修をうけます。自部署では困難な技術やケアなどの習得をするだけでなく、多職種連携や倫理的問題を検討する場への参加など、様々な経験もすることができます。
フォローアップ体制
これらの新人研修を受けることで、1年間で厚生労働省新人看護職員研修ガイドライン掲載の新人研修における到達目標の80%以上をクリアできるようになります。
所属部署ではプリセプターをはじめ、教育担当の副師長や部署責任者の師長が新人のキャリアパスを活用しながら、教育計画を立てています。
それに基づき、定期的に新人の進捗状況を確認しながら、個々に合った指導やサポート方法を検討しています。

学べる環境作りに力を入れています!

*eラーニングシステムを使って、いつでも、どこでも学びたいときに自分のペースで学べるような環境を作っています。

*新人教育計画に基づいて研修を実施し、年度末に修了証が授与されます。

修了証書


集合とローテーション研修計画

2021年度新人看護職員

2021年度新人看護職員

>>>新卒看護師の出身校 はこちら

>>>新人看護職員キャリアパス はこちら


プリセプター&プリセプティトーク

プリセプターとプリセプティー


質問:1年目を振り返っていかがですか?

プリセプティ看護師最初は、先輩の後をついていくことに一生懸命でした。学校で実施していた演習とは違って、実際の患者さんにケアを提供するため自分の技術に不安がありました。でも、自立するまでプリセプターやペアの看護師がちゃんと傍で見てくれていたので、安心して実施することが出来ました。また、その日に出来なくても、次の機会に出来るように振り返りをしてもらえたことで、少しずつ出来ることが増えていきました。ローテーション研修でも、自部署ではできない技術を習得する機会があったので良かったです。
プリセプターさんは、温かく包み込んでくれるお母さん的存在です。本当はお姉さんくらいの年齢差なのですが(笑)。ずっと一緒ではないのですが、居てくれるだけで安心できて、心強い存在です。
プリセプター看護師プリセプティさんに、そんなに言ってもらえると、うれしいですね。患者さんから「彼女は良く話を聞いてくれる」というお褒めの言葉をいただきます。患者さんにそのように言ってもらえると、プリセプティさんのことなのですが、自分までうれしくなって、「私のプリセプティなんです」って、誇らしく思っています。私は、性格的に積極的に話しかけられるタイプではなかったのですが、プリセプティが相談をしてくれ、頼ってくれたことがうれしかったです。
プリセプターという役割を担うことで、今までの知識を再学習して深めることが出来ました。また、相手に合わせた指導や先輩としてプリセプティの精神面のフォローをどのようにしたらいいのかを新人担当の副師長に相談しながら頑張ることが出来ました。プリセプティさんのおかげで、私もプリセプターとして成長することが出来たと思います。

プリセプターとプリセプティー


質問:日頃から心がけていることは?

プリセプティ看護師看護という仕事で大事にしたいと思っていることは「患者さんファースト」で看護をすることです。患者さんが看護師の忙しさに気を遣って遠慮をしておられることがありました。脳卒中疾患の患者さんは、急に発症し治療、リハビリを受けています。看護師は、患者さんが少しでも前向きに治療やリハビリに取り組めるようにサポートする立場なのに、看護師の都合に合わせてもらってはいけないと思います。まずは、患者さんの声や思いに耳を傾けて、患者さんにとっての一番を考えて看護できるように頑張っています。
プリセプター看護師高次脳機能障害をもつ患者さんが、その状況を理解できずに興奮されることがあります。患者さんによって障害の程度が違うため、その都度、看護チームで知恵と力を合わせて取り組まなければならないことで大変ではあるのですが、大切にしないといけないことだと考えています。「みんなは誰かの大事な人」というように、その人も誰かの大事な人なんだということを胸に、相手の立場に立って物事を考えて患者さんに関わっています。
 

先輩メッセージ

新2病棟 看護師(2020年入職)

新2病棟看護師私がこの病院を選んだ理由は、急性期から回復期、緩和ケア、在宅看護まで看護する領域が幅広いということです。まずは急性期病棟で看護や技術を学び、将来は自分が興味を持った分野で働くことができると思ったからです。入職1年目は月に1回以上集合研修があり、講義や技術習得をします。病棟で実施する前に研修で技術を学ぶことで安心して患者さんに看護を提供できていると実感しています。また、研修は同期全員が集まる機会でもあるので刺激になり、同期がいることでより頑張ろうと思うことができました。
私の所属する部署は急性期混合病棟で、検査や治療、手術が多く忙しい病棟ですが、その分、多くの学びや看護技術の習得ができます。また、毎日ペアの先輩看護師がいるため、忙しい中でも分からないことがあればすぐに聞くことができ、先輩方が優しく教えてくれます。

新1病棟 看護師(2020年入職)

新1病棟看護師私がこの病院を選んだ理由は、新人教育制度が充実していると感じたからです。部署内研修・集合研修・ローテーション研修を通して、基礎的な実践力を習得していくことができます。所属部署ではプリセプターをはじめとする先輩看護師や教育担当の副師長、部署の師長が、定期的に技術の進捗状況を確認したり、新人にあわせて指導やサポートを工夫してくれています。
一緒に働いている先輩看護師はみんな優しく、温かい人たちばかりで、いつでも気軽に声をかけることができ、わからないことや自己学習で不足している点をすぐに相談できるので、多忙な業務の中でも学びを深めることができます。これからも日々の患者さんとの関わりを大切に、一人ひとりと向き合い、より良い看護に繋げていきたいと思います。

4東病棟 看護師(2020年入職)

4東病棟看護師就職した直後は出来ないことや、わからないことが多く、不安や悔しさを感じることがありました。しかし、プリセプターやその日にペアを組んでいる先輩看護師に不安な点やわからない点を相談し、手厚い指導をうけることで、少しずつ成長することが出来ました。また、当院では新人教育として、130以上の技術項目を4段階に分けて評価を行う“マックロ大学”や、ローテーション研修を通して自部署で学べないことを学ぶ機会を得ることができ、安心してスキルアップすることが出来ました。
2年目になっても、まだまだ学ぶことはたくさんありますが、より良い看護を行えるように、これからも知識を深め経験を積んでいきたいと思います。

 


PageTop