病院長挨拶
病院紹介
シンボルマークについて
外来のご案内
外来診療担当表
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
奇跡の花 リュウゼツラン
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
星ヶ丘医療センター 地域連絡協議会
地域医療支援病院
大阪府がん診療拠点病院
日本医療機能評価機構認定病院
当院のfacebook
敷地内全面禁煙について
個人情報保護方針

放射線科

当科の特色当科の診療内容地域の先生方へ当科の診療担当医




■当科の特色

当科では放射線治療、画像診断、IVRの各部門に専門医がおり、病気の早期発見と治療方針の決定、低侵襲の治療の選択に各科と連係しています。

例えば、肝癌の検査を依頼された場合、CT、MRIは造影剤を急速に静脈内に投与し、経時的に肝を撮影するdynamic studyという撮影方法で、血管に富む肝癌の検出を行います。腫瘍の数や進展範囲により、各種の治療法が検討され、当科では肝動脈塞栓術を施行しております。

施設基準


■当科の診療内容

放射線科の診療内容は、一般にあまり知られていませんが、全診療科の診断から治療にわたる非常に広い範囲に関与しています。大きく分けて放射線治療、画像診断、IVRの3つの診療分野があります。以下に診療内容を簡単に説明します。

放射線治療

放射線を癌に照射し、死滅させる治療で、手術や化学治療とともに重要な癌治療です。放射線治療は、他の治療に比べて患者負担が非常に少なく、かつ治療効果が期待できるため、ますます重要な治療法となっています。

画像診断

各種検査(CT、MRI、RI検査等)で撮影される画像を読影し、異常所見や病態を指摘し、報告書を作成する作業です。画像診断装置の進歩とともに、日々膨大な画像情報が提供されています。無駄のない検査で、正確な診断に至るためには、目的にかなった検査方法、画像情報の整理と適確な読影が必要です。

IVR

Interventional Radiologyの略字で、画像診断検査手技を応用し、カテーテル(細い管)を用いて血管などに挿入し、局所に薬剤を注入、閉塞または拡張させることにより治療を行う、近年発展が著しい分野です。


■地域の先生方へ

  • 院外からの検査、および治療にも迅速に対応しています。(いずれも主治医の紹介状が必要です。)
  • 年間約1000件の院外の病院、診療所から紹介をいただいており、MRIやCTなどの高額医療器具の共同利用を進めています。
  • 検査は電話やFaxで検査予約が可能で、検査終了後30分程度で、フィルムと検査結果のレポートを患者さんにお渡しします。

■当科の診療担当医

部長
田中 健寛
Takehiro Tanaka
●専門・認定等
  • 医学博士
  • 日本医学放射線学会放射線科専門医
  • 日本インターベンショナルラジオロジー学会指導医
  • 日本医学放射線学会放射線診断専門医
医員(非常勤)
白 永日
Eijitsu Haku
●専門・認定等
  • 日本医学放射線学会放射線科専門医
医員(非常勤)
三浦 幸子
Sachiko Miura
●専門・認定等
  • 日本医学放射線学会放射線科専門医
医員(非常勤)
野村 基雄
Motoo Nomura
●専門・認定等
  • 日本医学放射線学会放射線科専門医
医員(非常勤)
田中 聖道
Kiyomichi Tanaka
●専門・認定等
  • 日本医学放射線学会放射線科専門医
医員(非常勤)
白 成栽
Sunje Haku
医員(非常勤)
竹藤 晃介
Kosuke Taketo
PageTop